読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライムケイズは今がお買い得で安い時期 2017年度

気になる人は別のにした方がいいかな?生肉大好きな子にはお勧めします。ミンチになってない「丸ごと」も入手出来ますが、見た目的に私が耐えられないので、こちらで。栄養バランスは週一であげる程度なので気にしてません。

イマが買い時!

2017年02月20日 ランキング上位商品↑

プライムケイズ【冷凍】プライムケイズ 丸ごとうずらちゃん荒挽きパラパラミンチ 約2羽120g程度 【92】

詳しくはこちら b y 楽 天

カルシウム量は低いので、カルシウムは足しています。大きさ的にはウズラさんは猫が狩れる大きさなんで、こっちのがよさそうなんですが。まるごとなので解凍すると何となくグロさが!!!私がベジ(当然ですが肉食獣に押し付けない主義)だから余計そう思うのかな?解凍して人肌に温めてあげると喜んでがっついてます。。内臓丸ごとなので栄養価的にも良いかと思います。カルシウムも期待しています。内臓の種類の多さは、手作りご飯には大切な要素なので、ウズラはローテーション必須です。ウチの飼い犬は生のお肉に関しては好き嫌いがあり!ウズラは食べてくれるか少し心配でしたがガツガツと食べてくれました。うちの子は食べてくれませんでした。うずら丸ごと1匹ということで!内容量等の記載がなかったため!ドキドキしましたが!見た感じ!すくなっ!!と叫んでしまいました^^;その後!測ってみるとだいたい100gちょい。ウズラのミンチがもっとメジャーになったらお値段が安くなるのでしょうか?お値段がもう少し安いとコンスタントに購入できるのですが・・・食物アレルギーにならないよう!色々なお肉を食べさせるようにしています。だからよくわかりませんwホントに丸ごとミンチになってるそうなので!色々な内臓を使う事が出来て気に入ってます。ウズラを包丁で解体する勇気と度胸のある方はそっちのが良いのかもしれませんが、私には勇気も度胸もないので・・・ついでに猫達も内蔵ブツ切りは好きじゃないですし・・・ウチにはコレが一番便利。1回1パックなので使いやすいといえば使いやすいけど…「丸ごと」は食べて欲しいけど!解体はちょっと・・・という私のような方には!とてもお勧めの商品ですw ウズラちゃんを丸ごとミンチになってるので!色々な内臓を使う事が出来ます。まだあげていないので、くいつきとかどうかわかりませんが、肉質はよさそうなので楽しみです。食いつきがよくなります。食いつきはまるっと生のままがっつりいってました。ウズラの内臓も含めてミンチになっているので、とても使いやすいです。^^レンジで20秒解凍して、フードにかけてやります。うずらを解体出来る方や!内臓ブツ切りを食べてくれる猫・犬には!丸ごとタイプのが良いのでしょうが!ウチは内臓嫌いなコが多いので!こちらを愛用しています。パラパラミンチなので、使う分だけ解凍しやすく便利です。うちは5にゃんなので一袋一度であげちゃうんですが!そうでなけでは必要なだけ解凍できてあげやすいと思います。とてもお勧めです!いつも生肉をあげていますが!うずらちゃんは初めてです。単価が高いのがネックですが、他のお肉とはちょっと違うワイルドな味みたいで、喰いつきはいいです。ウチは猫ですが!全員喜んで食べてます。わが家の愛犬の夏の1食分でしたT^T(冬は体温調整でエネルギーを使い!100gだと痩せるので!150-200g)1食分にはお高い!お高いT^Tそれでもうずらはあまりないので!ローテーション的には魅力です。膵臓も含まれているとの事なので、手作り食には最適ですね。少量パックなので解凍時間も早いです。^^; 内臓類は色々な所から結構出してますが!膵臓が入ってるのは本当に珍しいですから!今後もリピします。。ウズラの時は!本当に取り合い状態で(^^;ウズラ肉(精肉・骨入り)は他で買ってますが!内臓はコレを使っています。^^今後もリピします!お値段高いですが、うずら肉は簡単に手に入らないし・・・パラパラで扱いやすいです。安全!安心な素材です。さかい企画さんによると膵臓含めてすべての内臓が入ってるそうなので!有難い限りです。。骨入りなので加熱してあげれないしもったいないけどゴミ箱行きです。うずらは、取り扱ってるお店が少ないので、こちらのメーカーさんに頼ってます。パラパラになってて、扱いやすいです。はじめてうずらを食べさしましたが、鳥系ということで、チキンやターキーは生で食べているので関係ないのでしょうか?消化吸収の悪い子ですが、排便もゆるくならず、消化吸収が良いようです。骨も入ってるので猫には生じゃないとダメかもしれません。ただ鶏肉とやっぱりにおいが違うのでダメな子はダメかも?という懸念はあります。ウチでは定番、と言うか欠かせません。ウズラの頭から総てミンチになっているとの事でしたので、お肉・骨・内臓の割合の計算をする必要もなく、手軽に与える事が出来ました。